新卒の学生や転職する社会人など、多くの人が1年を通して就職活動をしているひとはいます。

面接では笑顔を大切にしていこう

最新の投稿

面接試験でやる気だけの主張は控えめに

面接では笑顔を大切にしていこう 新卒の学生や転職する社会人など、多くの人が1年を通して就職活動をしているひとはいます。その活動の中でやはり一番大切な事として、面接試験でどれだけ自分をアピールして良い印象を持ってもらうかになります。服装など最低限なマナーは守っていることは前提で、面接試験での受け答えが採用に大きく影響するからです。その中で面接試験で勘違いされがちな点として、やる気を見せるアピール方法についてです。もちろん企業にとってやる気のある人を採用したいと思います。ですが、ただのやる気だけをアピールされてもそれは企業が求めている答えとは違うからです。

例えば自己PRなのでとにかくやる気だけは自身がありますと答える人がたまにいます。ですが企業におってやる気があるのは、求人に倒して応募してきた時点で分かっていることです。企業が知りたいのはそのやる気が会社にとってどのように活躍できるかどうかが知りたいからです。その為、やる気があることを伝えるのであれば、自分にはこんな技術や能力があり、企業のこの業務で役に立てたいといったように、自分ができる能力や今までの経験を具体的に例にだし、それを会社でどのように役立てたいのかを伝えるこが大切になります。ただやる気だけはありますというアピールは控えるようにするのが良いです。