仕事をしている人は誰もが経験したことがあるのが面接試験です。

面接では笑顔を大切にしていこう

最新の投稿

面接でのやる気の伝え方には要注意

面接では笑顔を大切にしていこう 仕事をしている人は誰もが経験したことがあるのが面接試験です。なのでこれから仕事につく人たちも、誰もが面接試験を経験することになります。この面接試験では、短い時間の間に面接官に対して自分自身を最大限アピールする場となります。その為、自分がどんな人間か、どのような事ができるのか、どれほどやる気があるのかを伝えなくてはいけません。ですが、このやる気の伝え方で多く見られるミスが実はあります。それは伝え方が間違っているという答えです。自分自身ではやる気があることを伝えているつもりでも、それは仕事としては間違っているという場合が良くあります。

例えばですがIT企業などの面接で、仕事中手が空いたらどうしますかという質問に対し、空いた時間は無駄にせず仕事に役立つ資格を取るために勉強したいと思いますという回答です。答えとしては、会社に役立つための資格を取る努力をしますといっているように見えますが、会社にとっては単なる給料泥棒を堂々としますと宣言しているのと同じです。会社は開いている時間ができれば、他の仕事を手伝って働いて欲しいと思います。資格を取得することは良いことですが、それは仕事外の時間を使って行うことであって仕事中にするべきことではないからです。このようにやる気を伝えたつもりでも、仕事を理解していない回答は企業からはマイナスイメージなので注意する必要があります。

関連キーワード