自分自身のスキルアップをしたいと考えたり、新たな業種にチャレンジしたいという思いや、単純に会社の人間関係が合わないからや給料アップのためなど、様々な理由から転職活動をして

面接では笑顔を大切にしていこう

最新の投稿

転職の面接試験での答えについて

面接では笑顔を大切にしていこう 自分自身のスキルアップをしたいと考えたり、新たな業種にチャレンジしたいという思いや、単純に会社の人間関係が合わないからや給料アップのためなど、様々な理由から転職活動をしている人はいます。転職活動の場合は、新卒の学生とは違って面接試験をうける時に求められる答えは明確な違いがあります。新卒の学生であれば、企業は学生の人柄や会社に入社したあとやっていけるかどうかをチェックしてます。ですが、転職での面接試験では具体的に会社で即戦力として働いてもらえるイメージに繋がるかどうかになります。なので面接では新卒の学生のようなありのままの自分をアピールするだけでは採用に繋がりません。

新卒の学生の場合は面接試験は面接の場ですが、転職などの面接試験は試験です。試験には答えが求められるので、企業が期待している答えが出せるかどうかがポイントになります。例えば前職ではどのような仕事をされていたかという質問にたいし、営業をしていましたという答えでは間違いになります。なぜなら企業側が知りたい答えがまったく含まれていないからです。営業をしていたのならどんな営業か、ルートや1週間の仕事の運び方に、新規営業先の開拓方法などが具体的な内容を求めているからです。企業にとって自分が入社した時にどのような仕事ができているかをイメージさせるような答えを用意しておくことが、面接試験で採用される重要なポイントといえます。

関連キーワード